キャッシングの必要性とは

キャッシングとは、いわゆる借金の事である。信販系・銀行系のクレジット機能付きのカードにも、それぞれ借金の可能枠がついている場合が多い。キャッシングの枠は、最初は少ない額からスタートし、借り入れや返済の状況によって、徐々にキャッシング枠は多くなっていくものが殆どである。また、いわゆる消費者金融のカードからキャッシング出来るものもあるが、改正貸金業法などの完全施行によって、上限金利の引き下げや総量規制の導入などにより、消費者金融が銀行系に吸収される動きが活発になった。借金がキャッシングという名のもとに身近のものとなり、知らず知らずのうちに現金を借りている事が珍しく無くなったが、逆に借りすぎてしまい支払いが滞るなどの多重債務の問題など多くの社会問題にもなった事から、法改正や消費者金融が銀行系になる事でのイメージの払しょくなどで貸金業界は大きく変わりつつある。今や、コンビニの普及に伴い、現金を夜中でも引き出せる時代になった。ただ、自分の口座に現金が無く、急な出費が必要なケースなどに、キャッシングができると確かに便利でもある。またいざという時の安心感もあるだろう。とはいえ、人によっては自分の支払い能力を超えて借りてしまう事も当然あるだろうし、依存症などと組み合わさって借金に歯止めが効かなくなる事も実際に起こっている。キャッシングというとっつきやすいイメージの一方で、やはり無担保で現金を借りる「借金」であるというイメージをあまり退化させない事も必要ではないだろうか。いつの時代も借りやすさと、借りすぎの問題があるが、個人の意思にのみその原因を見出すのはあまりにも無責任な社会と言わざるを得ない。